5~6年ぶり?いや、その時も一瞬だったから、10年くらいぶりか・・・

10代の頃バイトから登用されてスポーツクラブで水泳のインストラクターをしていた経験がありまして・・・。

あ、もちろん資格もけっこう取りましたよ。

昨晩、突然店に連絡をしてきてくれた彼は、その頃の知り合いで、当時は時代のせいか年齢のせいか、毎晩のように「指導」「育成」「運動生理」「流体力学」といったお題でいつまでも熱く純粋に語り合っていた、少し年上の同志でした。

この間、僕は結婚して本籍も中野から文京にかわり、彼は上場企業の幹部でしたが、やはりというか教育現場に転職していて、子供もいるという。

二十年前の話題が今では笑い話ばかりで、キーワード一つで一瞬当時の感覚が蘇って・・・。

改めて振り返ることがなかったけれど、時間の経過を実感。二人とも年齢的には、すっかりいいおっさんになっていたのでした。ポイントは「いい」おっさん。

自分はともかく、彼の口調こそ当時と変らないけれど、色んなモノを積み上げ、削って、磨いてきた感じが「いい」おっさんの風格を醸し始めてるようでした。

ん~果たして、僕はいいオヤジになれるか?