めがね工房なかじま 「めがね工房なかじま」について取り扱い商品修理サービスブログお問い合わせHOME


ご愛用の眼鏡の修復承ります。 お気軽にお申し付けください。

修理、オーダー制作等のサービス例
2011 . 03 . 31 Ray-Ban 玉替
2011 . 02 . 23 セル枠折れ修復 【ブリッヂ部】
2011 . 01 . 08 修理加工品
2010 . 12 . 29 オーダー製作
2010 . 12 . 25 玉型変更作製作
  取り扱い商品
レンズサイズを変えたい

中嶋さん画像 フレームの下部のないもの(ハーフリム)、ふちなし(リムレス)の眼鏡は新しいレンズで玉型(レンズの形)を変えることが出来ます。

元々入っているレンズを小さくすることも出来ますが、2〜3年以上経過しているレンズは破損のリスクが高くなります。
デザインはご要望に沿いますのでお任せください。

プラスティックフレームの鼻あてを高くしたい

中嶋さん画像プラスティックフレームの鼻あて部分が低く(もしくは小さい・当てが無い等)ずり落ちてしまったり、まつ毛がレンズに触るなど掛け心地がしっくりこないことがあります。
この場合は元の鼻あて部分を一旦切り落として、高い樹脂パーツをつける事ができます。
金属フレームのような鼻パッドの使用に交換もいたします。
メタルフレームの塗装がはがれてしまった

この場合の修理は再塗装で対応いたします。剥がれてしまった場所だけでなく一度フレームに付いている塗装を全て落とし、再びメッキ処理を施します。
全く違った色にすることも出来ますのでご相談ください。
プラスティックフレームが白っぽくなってしまった

汗や整髪料、また気温などの経年変化でフレームが白っぽくなってしまう事があります。
この場合は、プラスティックの表面を皮一枚剥ぐように研磨処理をして再び光沢を出すためにバフがけ(研磨)をします。フレームの状態がよりひどくなる前の処理はかなり綺麗に仕上がります。
修理対象
メガネ画像

以下の内容のフレームは修理が可能です。


*プラスティックフレームのレンズ部分両脇の金属が外れてしまった。またはぐらついている。
フレーム前枠部分に損傷がなければ埋め込まれている金属をしっかりと固定するためにもう一度埋め込み作業をします。前枠に少しでもひび割れがある物は対象外になります。その場合前枠の交換か、フレームチェンジという対応になります。

*メタルフレーム の一部が外れたり切れたりしている。
溶接部分が外れた場合はロー付け(溶接)修理が可能です。
ただし、金属に熱処理をするためにメッキが剥げたり、黒く変色します。その場合は修理後の再メッキで対応出来ます。外れている部分が複数ある場合は修理出来る物と出来ない物があります。

*今使っているレンズを生かしてフレームだけ変えたい。
交換可能な物、そうでない物は店頭でご確認致しますので、お気軽にご相談ください。

「めがね工房なかじま」について取り扱い商品修理サービスブログお問い合わせHOME

東京都文京区本郷3丁目38-10 TEL / FAX:03-5684-8601 MAP
Copyright (C) 2010-2012 めがね工房なかじま All rights reserved. Designed by TARO HOSOKAWA
めがね工房なかじま